読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己分析まとめ

一番好きなもの

・物語 ストーリーテリング

〉アーヴィング、岡田惠一

次に好きなもの

・想像の湧く科学

・東岸海洋性な自然

その他タグ

・東京

・神社・寺院

・瞑想

・アダルトサヴァイヴァー

・自転車

多摩川

国分寺

・ジャマイカ

・早稲田

・カメラ

・数学(美しいもの)

・地理歴史

・デッサン

・正直

・地頭の良さ

少林寺拳法

 

苦手なもの

・経済学

・法学

・化学2

・マナー

・政治的な言動

・協調圧力

・機会の不平等

アディクション

・いつの間にかシステム(もしくは他人)のために生きているこの人生(日常)

「日常は自らの選択である」は至言!!

・湯島で住んでいた家

ちょっとテーマと違うけれど

僕が虐待について思う事は
「建前と本音が違う」ということ。
社会が被虐待児を本当に受け入れるなら、
もっとadoptedを増やすべきだし、
もっと児童養護施設の児童も大学進学することを認めるべきだし、
もっと、積極的に親権を剥奪するべきだ。


「ハラスメント」の問題と違って、被虐待児にはレッテルが貼られている。心理的だったり経済的なケアをする仕組みを作り、レッテルを自信を持って剥がすことが必要なのだ。
 

www.asahi.com

 
まず、これを見て欲しい。
 
虐待の通報件数が急激に増加している。
でも、虐待の実数が増えた訳ではなくて、むしろ実際は「通報で明るみになる件数が増えた」のが理由らしい。
特に、インターネットや報道で情報拡散が進んだ事で、『そういった行為も「虐待」なんだよ』っていう認識が広まったから、と言われている。
それまで認知が低かった「心理的虐待」が特に増加しているのも、同じ理由だろう。
 
 
「刃物を突きつけ暴言を浴びせたなどとして、暴力行為等処罰法を実父母計10人に適用した」
 
 
っていうのも、これが虐待だって思っているかどうか、家庭によって異なるんだなぁと本当に思う。
 
僕も「包丁」の経験がある。
記事にあるグラフの始まりの、2006年だった。
「包丁」を突きつけられたその頃は「itと呼ばれた子」という小説が流行っていて、少なくない数のクラスメートの女子が休み時間に読んでいた。なんとなく内容を聞いていた僕は、その小説くらいの状態が虐待なんだと思っていた。アンモニアで喉を焼かれたり、本当にナイフで刺されたり。
でも、五十歩百歩だったのかな、と今更ながら思う。
 
こんなこともあった。
喚き叫ぶ声が漏れていたのだろうか、
マンションの廊下で近くのおばさんから「ちゃんとご両親のいうことを聞かないとダメよ」と言われた。
そういえば、ちょうど「キレる若者」なんて言葉も流行っていた時期だ。
でも、そのおばさんは本当ならば「189」にダイヤルをするべきだったんだ。


ちなみに、虐待を見た市民には通報義務がある。
 
最近、制度は変わりつつあるけれども、まだまだ本気度が足りない。
それに、被虐待児が心身を壊すことによる人的資本の損失は大きいから、セーフティネットで彼らを早くすくい上げる方が効率的でもあるはずだ。
 
日本がもっと子どもたちが生きやすい国になることを祈って。

翻訳について

翻訳は楽しい。

 

本当に楽しいだけの作業だ。

 

わかりやすく、ずれの少ない文言を探す。

考えながら、コンテクストを解きほぐす。

それでいて、コンセプトは人任せ。非人情だ。

 

村上春樹さんも、小説家になる前、翻訳が好きだったらしい。

 

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon

 

地味に見えるけれど、僕にとってはエキサイティングな作業だ。

簡単に消えるもの

 就職活動をしている。

 

 働かなければ仕方がない。

 雲や露では生きていけない。だからといって、ものを書いて生きていけそうにもない。

 

 なんといっても、「それから」の代助のようには為りたくない。とはいえ、須永というコネを持った友達も居ない。漱石翁の如く、「一つ自分の鶴嘴で掘り当てるところまで進んで行かなくってはいけないでしょう」。だから「自己分析」なるものをして、志望動機を語ってきた。

 

 ところがだ、このあいだ「圧迫面接」に出くわした。面接官はあっさりと志望動機を否定してきた。あれよという間に面接が終われば、なんと、自分の中から志望動機がさっぱりいなくなっていた。一体、どこへ行ったのだ。少なくとも、内定が出るまではいてもらわないと困る。それに、内定が出てもその気持ちがなければ働けない。その程度で消えるならば、そもそもそれは「志望動機」ではなかったのかもしれない。

 

 私は、どうも昔から自分の声を聞くのが苦手だ。小さい頃から、いろいろと噛み殺したことも少なくないからだろうか。

 最近は、どうにか声を聞くようにしている。まず、眼を瞑る。と、胸のあたりに、くしゃくしゃの茶紙の袋があらわれる。それをカサコソと開けると、小さな自分がいる。ちょいとつまみ出す。そして、眼前の現を見せて問いかける。「どう思う?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまり答えは返ってこない。

 

 さて、明日の朝も面接だ。

 何を言うか、全く以って定まらない。

 もう寝て終まおうか。

Setting Free The Bear

4/29

今日から読み始めます。

一ヶ月を目標に。

好きな物語

読書にのめり込んだのは、いつからかわからない。

小さい頃に「エルマーの冒険」を読み、それ以来フィクションの世界が大好きだ。

いわむらかずおの「トガリ山のぼうけん」に没頭する。

 

小学生の頃には、毎年のようにハリーポッターの訳書を待ちわびた。

ローリングが一番好きな作家だ。

 

中学生になって、初めて文庫を読む。

伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」だ。

そして親の持っていた村上春樹の「海辺のカフカ」を読む。

宮藤官九郎の脚本を読む。

 

高校に入ると、孤独な中、図書館で色々と読み漁った。

たとえば、バルザックとか、ティム=オブライエンとか、マルケスとか、陳舜臣とか。

 

そして、大学に入って、

敬愛するアーヴィングに出会う。石牟礼道子に出会う。

なりより文章について語り合える友人に出会う。

 

実際に作家の話を聞くこともあった。

池澤夏樹の講演会で、彼に畏驚した。

そして、重松清堀江敏幸の授業に潜り込んだ。

作家にも色々なあり方がある。

 

岡田惠和のドラマ、北川悦吏子のドラマ、向田邦子のドラマ。

あらためて、宮藤官九郎のドラマ。

 

運命的な雨月物語の古本との出会い。

 

ずっと物語が好きで、マニアックに好きで、

それが、何か将来とか仕事に繋がるとは思っていないけれど、

好きだから、どこか関わり続ける場所が欲しい。

 

Self Profile

 

 

 

ー 寐慣けず夜、彽徊屋が逡巡ひ路を往くやう

  「メモ」と「翻訳の私案」を暢暢と書き連ねむ ー

 

 

 

0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0

 

1993年 東京生まれ

 

これからもずっと物語と関わり続けるために作りました。

どうぞ、お好きなようにコメントを荒らしてください。

 

0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0